スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

ローカル線の旅 JR五能線

2012-09-17
2012年夏の青森旅行記⑤


弘前でねぷた祭りとうまい酒と温泉を堪能して、この日は次の目的地である不老ふ死温泉へ向かうべく弘前駅からJR五能線の各駅停車に乗りました。

五能線は青森県の弘前と秋田を結び(正確には川部から東能代)、日本海の海岸沿いを走るというロケーションが美しい人気の路線なんだそうで、「リゾートしらかみ」というリゾート列車も運行しています。昨年訪れた時はこのリゾートしらかみで一気に秋田まで行ったので、今回はのんびりと各駅停車に揺られながら車窓の風景を楽しんで途中の駅(ウェスパ椿山)で降りて、日本海に沈む夕日を眺めながら海のすぐ傍にある露天風呂に入れることで有名な不老ふ死温泉で一泊することにしました。

弘前駅の通路では「津軽弁」という駅弁が出店販売されているんだけど、これが郷土料理をそのまま駅弁にした感じで昨年食べた時すごく美味しかったことを思い出した。今回も販売していたので買おうかなとも思ったんだけど、五能線の乗り継ぎの際にお寿司を食べようと計画していたので買いませんでした。でもオススメですよ。

さてさて、9時33分発の深浦行きに乗り弘前を出発すると列車はこの辺りの名産品であるりんごの果樹園の中を進んでいきます。乗客は少なく、コトンコトンという音と揺れが心地いいです。だけど五所川原だったかな? その辺りの駅で大勢のお年寄りの団体客が乗ってきて車内がいっきに満席となり賑やかになりました。どうやら何かのツアーとぶつかってしまったようです。おじちゃんおばちゃんは元気です(笑)

五所川原では立佞武多というお祭りが行われていて、高さが最大で20mを超える見上げるほど大きな山車が運行されるそうなのですが、今回の旅程と祭りの日程が合わずに見るのは断念。昨年訪れた時に立佞武多の館で展示してあるその山車の大きさを見たけど、あの大きな山車が街を練り歩く勇姿をぜひ一度見てみたいです。

列車は五所川原を過ぎると車窓からの景色も田園風景に変わって、田んぼが広がる長閑な景色の中を列車は進みます。夏の田園風景て好きなんだよね~。いつまでもこのままのんびりと眺めていたいものです。しばらく進むと右手から突然に日本海が現れます。すると車内からいっせいに「おぉ~」というため息のような歓声が(笑)

鰺ヶ沢で団体さんが下車してようやく静かになったと思ったら、入れ違いで違うおじいちゃんおばあちゃんの団体が乗車してきてまた満席になってしまいました。鈍行列車で景色を眺めながら静かにのんびり行こうという思惑が台無しでしたが、まあこれも一興ってことで(笑)

それにしても、車窓から眺める日本海と海岸線の浜や畑や民家が織りなす景色は本当に長閑で綺麗です。写真もたくさん撮ったんだけど、パソコンがクラッシュして写真をすべて失ったことが悔やまれます…グゥ

そんな景色を堪能していると、あっという間に終点の深浦駅に到着してしまいました。弘前を出てここまで約2時間半。ここで五能線を乗り継ぐんだけど次の発車まで1時間半くらい時間があるので、ちょうどお昼時だしここでお昼ご飯にしようと事前に調べておいた駅前のお寿司屋さんに行ってみました。

が、店はあったものの廃屋のたたずまい…。もう営業されていないようです。こんなことなら弘前駅で弁当を買っておけばよかった(泣)。駅前に戻ってコンビニのようなお店があったので覗いてみてもお弁当は売り切れてて、しかたがないので缶ビールを買って、リュックに入っていた昨晩買って食べなかったおにぎりを一つ食べました。そしてしばらく深浦駅前でボォ~っと海を眺めてましたw 写真はその時に携帯で撮ったものです。


201208031255000.jpg



201208031235000.jpg


まあ、こうやって旅の途中で立ち止まってみるのもいいものですよ。今ここにいるという非現実感と現実が交差して不思議な感覚になります。



09:33弘前駅発~12:06深浦駅着 24駅
13:32深浦駅発~13:49ウェスパ椿山駅着 3駅





スポンサーサイト
カテゴリ :旅行記 トラックバック:(-) コメント:(1)
tag :
コメント:
晴れて、空も山も、そして海も輝いてますね♪
贅沢な時間ですね☆
[2013/02/15 21:54] | たかCくん #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。