スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

宮城 川渡温泉 隆陽館

2013-05-23
■訪問
2013年3月下旬 日帰り利用 @500円

■アクセス
東北新幹線 古川駅乗り換え
JR陸羽東線 川渡温泉駅下車 徒歩20分くらい



IMG_1766 (480x360)
鳴子、東鳴子、川渡、と二泊三日で湯巡りしてきた今回の旅。もう東京に帰らないといけないのだと思うと名残惜しい。最後にもうひとっ風呂と立ち寄ったのがこの隆陽館だった。この宿の湯は町の共同浴場と同じ川渡支所前源泉を引いている。いわば川渡のスタンダードな湯と言っていいだろう。



IMG_1780 (480x360)
お金は後でいいわよと、気さくで親しみやすくお話好きそうな女将さんが、館内の狭く入り組んだ廊下を奥へと案内してくれた。浴室は左右に二つあって、どちらも貸切りで利用できるようだ。



IMG_1767 (360x480)
あれ? 白く濁ってるわ、今朝はそんなことなかったのに。と、女将さんがしきりに不思議がっていた。見ると確かに川渡グリーンではなく、緑がかった乳白色をしている。いつもはこんなことないのよ、としきりに女将さんは弁明していたが、これはこれでレアな状況だ。温泉は大地の恵みだから、日によってコンディションが違うのは当然だしね。



IMG_1768 (480x360)
女将さんの話では、川渡の湯は緑色に濁ってはいるが、それは濃い緑色が濁って見えるだけで、決して白くは濁らないということだ。地震でもくるのかしら、と女将さんがボソッと漏らしたので、冗談はやめてくださいよと聞き返すと、地震がくる前は本当にお湯が変化するのよ、と教えてくれた。恐るべし大地の力。あの地震の後、温泉が出なくなったとか湯温が著しく低下したとかよく聞くけど、やはり関連があるんだね。ちなみにこの二日後、宮城で本当に震度4の地震があった…



IMG_1772 (360x480)
ふぅ~。川渡の湯というと激熱なイメージだけど、この時の湯温は温め。これも地底で何かが起こっている影響か? 白く濁った川渡の湯はヌルヌルして柔らかい。そして硫黄のタマゴ臭も強烈。これはこれで気持ちイイ。



IMG_1773 (480x360)



IMG_1778 (360x480)
右側の浴室は採光もあって明るい。お湯は左側の浴槽に比べるとやや熱め。左右同じ源泉なので、お湯の貯め方で湯温を変えているのかな? 帰り際に女将さんが、また白く濁ったお湯のことを弁明されてた。いやいや、今回はいつもとは違うお湯のコンディションだったとはいえ、それでもとってもいいお湯でしたよ。



IMG_1781 (480x360)
帰りは川渡の長閑な景色を眺めながら、駅までのんびりと歩いた。川渡に春が訪れると、この辺りは菜の花畑になるらしい。



IMG_1786 (480x360)



IMG_1790 (480x360)
無人駅の川渡温泉駅。地元の高校生だろうか、楽しそうに談笑していた。















IMG_1793 (480x360)



■源泉詳細
川渡支所前源泉
含硫黄-ナトリウム-炭酸水素塩泉 低調性弱アルカリ性高温泉(旧泉名 含重曹芒硝-硫黄泉)
源泉掛け流し 52.6℃ 川渡グリーン 硫黄のタマゴ臭がムンムン

日帰り入浴は10時~20時




スポンサーサイト
カテゴリ :宮城の温泉 トラックバック:(-) コメント:(2)
tag :
コメント:
おはようございます♪
永い間、たまご臭を嗅いでおりません☆
久しぶりにムンムンするくらい、嗅いでみたいですよ♪
東北は、新緑の季節になるのかな?どうかな?
今回も、良い香りのしてきそうな写真、ありがとうございました☆
[2013/05/30 04:58] | たかCくん #- | [edit]
たかCくん

時折、むしょうにたまご臭が恋しくなりますね。
今はきっと新緑が綺麗でしょう。
そんな中、渓流沿いの露天風呂なんて最高でしょうね。
[2013/05/30 23:30] | kanso-hadao #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。