スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

宮城 鳴子温泉 東多賀の湯

2013-04-01
■訪問
2013年3月下旬 日帰り利用 @500円(湯巡りシールだと2枚で100円おとく)

■アクセス
東北新幹線 古川駅乗り換え
JR陸羽東線 鳴子温泉駅下車 徒歩10分くらい



IMG_1357 (480x360)
東京では初夏のような陽気が続き、桜の花が満開を迎えた(その後、また冬に逆戻りしたかのように寒くなったけど)。だけど宮城県では梅の花が開花したところだとローカルテレビで報じていた。近況はと言うと、先日やっと携帯をスマホにした。これで時代に取り残されたオッサンなんて言わせないぜい。折しも季節は新生活シーズン。新入生や新入社員のような初々しさはないが、身の回りに新しいアイテムが増えるのは楽しいものだ。



IMG_1355 (480x360)
だけど昔から変わらないものの良さもある。長年にわたって人々に愛されて歴史と風情を築き上げてきた温泉街、鳴子温泉にやってきた。一年ぶりの訪問だ。まずは駅にある観光センターで湯巡りチケットを購入。1200円だからシール1枚あたり200円。日帰り入浴料500円の施設でもシール2枚で入れるから100円おとく。このチケットは鳴子温泉郷と呼ばれる鳴子、東鳴子、川渡、鬼首、中山平の5つの温泉地に、赤倉、瀬見を含めた7地区で使えるそうだ。



IMG_1358 (360x480)
ここ鳴子温泉郷には日本にある11の泉質のうち9種類が集まっているそうで、宿によって単純泉から硫黄泉やら重曹泉などなど、まったく違う泉質の温泉を楽しめるのだ。まさに温泉の複合デパートやああああ ←ぇ
てことで普段は湯巡りなどせずに宿に籠る派な自分も、鳴子にくると湯巡りしちゃうのです。道路脇の側溝からも硫黄の香りが漂ってきました。



IMG_1359 (360x480)
お土産物屋や食事処が立ち並ぶ温泉街のメイン通りから外れて、線路を挟んだ反対側の裏路地を行く。ここまで来ると観光地化された温泉街の賑わいはなく、大型トラックの行き交う国道沿いに民家と、地元の人のご用達の大きなスーパーと、数件の湯治宿があるだけの素朴な風景となる。



IMG_1361 (480x360)
その湯治宿の中の一つ、東多賀の湯に先ずは立ち寄った。この宿は昨年に宿泊しているので再訪です。外観は何だか新築アパートのような佇まいだけど、ここのお湯と浴室の雰囲気がいいんですよ。



IMG_1366 (360x480)
湯治宿というと古くて暗くて歴史を感じさせるイメージだけど、館内はとても明るく綺麗にされています。宿の方も日帰り入浴客の自分を気持ち良く迎え入れてくれました。湯巡りチケットのシールを2枚剥がしてもらって、真っ直ぐ奥へと進みます。



IMG_1363 (480x360)
浴室手前の扉には、何やらたくさんの注意書きがあり、この扉を開けると強烈な硫黄の香りがしてきて納得しました。扉を開けたままにするとこの硫黄成分が館内に蔓延してしまうので必ず閉めて下さいね、ということですね。



IMG_1364 (480x360)
男女浴室の入り口の前には、こんな小上がりになった休憩処もあって、ご夫婦やカップルさんは入浴後の待ち合わせに便利ですね。



IMG_1365 (480x360)
では、お湯をいただきましょうか。



IMG_1367 (480x360)
おお~。
あふれ出た温泉の成分でマーブル模様に変色した床板、四角い浴槽に並々と注がれる白濁したお湯、湯花がこびりついたケロリンの桶、もうアートの領域ではないでしょうか(笑) なんとも素敵な風情を醸し出していますね。そして鼻をくすぐるタマゴのような強烈な硫黄臭。



IMG_1369 (360x480)
シャワーやカランなどはないので、こちらでかけ湯して入ります。



IMG_1371 (360x480)
はぁ~♪
湯温は熱すぎず温くない調度良い適温で、浴感はなめらかです。白濁の硫黄泉というと酸性でピリピリするイメージだけど、ここのお湯は酸性ではないので女性の方はお肌にも良さそうですね。なにより気持ちいいですよ~。



IMG_1370 (480x360)
源泉がドバドバと掛け流されていますよ。壁に面した湯船の縁にある丸い穴は、どうやら温泉から放出される硫化水素ガスを抜く通気口のようですね。それほど濃い~温泉なんでしょう。



IMG_1372 (480x360)
この浴室の風情もあって、出たり入ったりを繰り返しながらずっとここにいたい気分になりますね。以前に宿泊した時に女将さんと話したんだけど、この温泉に入ると身体が軽くなるんだそうです。浴後は本当に軽くなりました。この浴室は夜の雰囲気もいいので、宿泊してゆっくりと堪能するのもいいですよ。ただ、たしか夜中に湯抜き清掃をしていたような?



IMG_1375 (480x360)
東多賀の湯の玄関からパチリ。続いては東多賀の湯の目の前にある、指差す旅館に向かいました。















IMG_1408 (480x360)

■源泉
含硫黄-ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・炭酸水素温泉(硫化水素型)
(旧泉質名  含土類重曹-芒硝硫化水素泉)
源泉掛け流し 源泉温度50,2℃
白濁の乳白色で硫黄のタマゴ臭

番犬ポチは人懐っこくて、じゃれて遊びました。

■備考
2食付きと朝食付きのプランがありました。館内は綺麗にされていて、部屋はこじんまりとした和室。小さなキッチンも付いているので、目の前のスーパーで食材を買って自炊もできますよ。
東多賀の湯(じゃらん)




スポンサーサイト
カテゴリ :宮城の温泉 トラックバック:(-) コメント:(2)
tag :
コメント:
幻想的な良い写真ですね♪
温泉の良い香りがしてきそうな写真ですね☆
[2013/04/07 18:12] | たかCくん #- | [edit]
たかCくんさん

本当に雰囲気の良い浴室ですよね。
お湯といい最高でしたよ。
[2013/04/08 01:20] | kanso-hadao #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。