スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

福島 木賊温泉 民宿若松屋

2012-10-22
■訪問
2012年9月下旬 一人泊 2食付 @6500円?(お酒一本含む込みこみで7100円だったので、6000円かも?)

■アクセス
会津鉄道・野岩鉄道会津高原尾瀬口駅より会津バス"檜枝岐行き"に乗り、役場前"松戸ヶ原"下車後タクシーで15分。バスは本数が少ないので要注意。今回はバイクで行きました。





木賊温泉の川原にある共同浴場「岩風呂」に入りたくて来た今回の旅。宿泊したのは、その岩風呂の入り口からほど近い民宿「若松屋」さんです。



IMG_0107.jpg

実はこの若松屋さんに予約する前は近くのスタンプ宿かイワナの宿に泊まろうと考えていたんだけど、どちらもその日はタイミングが悪かったようで…、岩風呂に近いということだけでこの若松屋さんに予約の電話をしました。なので宿の事前情報は何もなくネットでもほとんど情報が皆無だったので、まあ寝床さえ確保できればいいやってノリで来たんですよ。目的は岩風呂だしねw



IMG_0105.jpg

でも、この宿にして本当に良かったと泊まってみて思いました。



IMG_0106.jpg

そう、この宿の魅力は、女将さんの魅力といっても過言ではないでしょう(笑) その話は後にして、写真のように玄関先で裏山から採ってきた栗を干してるような山里の民家って感じで、素朴でほのぼのと家庭的で温かいお宿でしたよ。脇でお婆ちゃんが栗の皮むきをしてましたw



IMG_0101.jpg

IMG_0102.jpg

この日の宿泊客は自分一人だということで、二部屋を用意してくれてました。館内にはライダーなら誰もがお世話になる地図帳「ツーリングマップル」の編集に携わったバイク界では有名人?の方のサインがたくさん飾られていて、どうやらこの宿はライダーご用達のようです。自分も持参したツーリングマップルを確認したら、しっかり載ってましたw 来るまで知らなかった(笑) さてと、落ち着く間もなく目的の岩風呂へ行きますか♪



IMG_0127.jpg

木賊温泉岩風呂については前回の記事をご覧ください。若松屋さんには内風呂はなく、木賊温泉に二つある共同浴場を無料でお使いくださいというスタイルです。なので部屋のアメニティーにはシャンプーやボディソープがありました。内風呂がないということで不便に思われるかも知れないけど、目の前にこんな素敵な温泉があるのだから、それでもう十分ですよ。近いから何度も入りに行けるしね♪



IMG_0132.jpg

こちらは一階にある居間っていうのかな? ご先祖のお写真が飾られていたり、お子さんが描いたと思われる絵が飾ってあったり、ほんとお婆ちゃんちにお邪魔してるような気分にさせてくれて和みましたあ。ちなみに写真の奥の部屋で食事をするんだけど、晩御飯の最中に手前の部屋ではご主人がゴロゴロしながらテレビでナイターを観ていましたよ(笑) やはり東北ってことで楽天イーグルスを応援していたようですw



IMG_0147.jpg

お待ちかねの晩御飯です♪ この日は裏山で天然のマイタケが採れたと晩御飯の前に女将さんが見せてくれたんだけど、その大きさにビックリ! 段ボールに「で~ん!」と丸々一個が無造作に入ってましたw そのマイタケを使って炊き込みご飯を作ってくれると言うので楽しみにしてました♪



IMG_0144 (160x120) IMG_0145 (160x120) IMG_0146 (160x120)
IMG_0150 (160x120) IMG_0151 (160x120) IMG_0153 (160x120)
IMG_0154 (160x120) IMG_0155 (160x120) IMG_0156 (160x120)

いや~満足、満足。お腹いっぱいです。楽しみにしていたマイタケは、炊き込みご飯の他に天ぷらや煮物にしてくれて、ほんと美味しかったあ♪ 会津の地酒「花泉」と共にいただきましたよ。お蕎麦は新そばで、これまた美味しかったです。



IMG_0167.jpg

朝ぁ~♪ 朝から岩風呂に降りていって温泉を満喫したあとは、朝ご飯ですよ~。



IMG_0186.jpg

これがまた朝からボリューム満点で、ご飯のお供に最適なおかずばかりなので米がすすむ、すすむw お味噌汁はこれまた裏山で採ってきた天然のなめこでしたよ。



IMG_0187 (160x120) IMG_0188 (160x120)

んで、ここからは女将さんも自分のケーキと飲み物を持ってやって来て、お喋りタイムとなった訳ですが、この女将さんがとってもお話好きな人で、8時頃から朝食を食べ始めたんだけど、気付いたらお昼になってました(笑)

そのくらい女将さんは話題が豊富な方で、政治経済から社会情勢に、歴史や文化やサブカルまでワールドワイドな視野をお持ちでしたよ。その話にはただただ感心するばかり。失礼な言い方だけど、こんな山奥の小さな集落で民宿を営んでる女将さんが知るとは思えないほどグローバルに富んでいてビックリしたほどです。んで、色々と話したあげく、これからはファンタジーよね♪ ってところに落ち着きました(笑)

そんな女将さんの人柄の滲み出るお話には、すごく和まされました。とっても楽しい時間でしたよ。こういう人との触れ合いって旅の醍醐味でもあるし、そういうのって心温まっていいよね。木賊温泉には距離的にそう簡単には行けないけど、また女将さんに会いに行きたいと思いました。帰ってくる場所が見つかったような感じです。

温泉といい、宿といい、女将さんといい、ほんと来て良かったあ♪















IMG_0131.jpg

■備考
内風呂なし。
宿泊客は二つある共同浴場を無料で利用できます。




スポンサーサイト
カテゴリ :福島の温泉 トラックバック:(-) コメント:(0)
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。