スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

群馬 草津温泉 極楽館

2012-10-16
■訪問
2012年9月中旬 一人泊 素泊まり @7000円(じゃらん平日プラン)

■アクセス
JR吾妻線 長野原草津口駅下車 草津温泉行きバス @670円





四十肩があまりにも辛くてですねえ(笑)、こりゃ温泉で治すっきゃねえぜってことで


IMG_0026.jpg

毎度毎度の草津へ来たわけですよw なんせ日本三大薬湯の一つですからね。



IMG_0027.jpg

んで今回お世話になったのが極楽館さん。草津には何種類か源泉があって各お宿に供給されてるようですが、極楽館には「大日の湯」という自家源泉があるそうです。食事の付かない素泊まりのみのステイ&スパをコンセプトにしているそうで、より気軽で自由な「湯治」を味わって下さいということです。



IMG_0030.jpg

通された部屋は3階で、窓からはお土産物屋さんや食事処が立ち並ぶ西の河原通りが見えます。観光客の行き来が多い通りなので、土日祝なんかはちょっと騒がしいかも知れないね。ちなみに1階は洒落たカフェがあって、2階に宿のフロントとラウンジがありました。



IMG_0035.jpg

さて、早速温泉で四十肩を湯治しましょ(笑) ってことでお風呂へ。浴室は1階のカフェの奥の別錬にあって、空いていれば24時間いつでも貸切で利用できる浴室が3つ横並びになってました。写真はその浴室錬へのアプローチ。



IMG_0037.jpg

先ずは、一番右の「極」からいきましょか。



IMG_0041.jpg

写真では狭く見えるけど、浴槽は奥行きがあって写真で見るよりは広くてゆったり入れます。洗い場がL字型に繋がっていて採光も二面あるので、3つの浴室の中では一番広く感じるかな。



IMG_0044.jpg

何よりお湯ですよ。草津の他の源泉と同じように、香しいタマゴ臭が漂います。ただ草津の他の源泉との違いは、同じ酸性の硫黄泉でもピリピリ感がなくて柔らかく感じました。熱いことで知られる草津の温泉にしては珍しく、大日の湯源泉は温度が35℃~37℃とぬるめだからでしょうか? その為に、西の河原源泉をブレンドして湯浴みに最適な40℃~41℃のお湯に調整してるとのことですが、マイルドでゆっくり入ることができました。



IMG_0033.jpg

浴室錬へのアプローチの手前にはこんな湯上り処もあって、ここで火照った身体をクールダウン。内線電話で隣のカフェから飲み物を注文できるそうですよ。



IMG_0047.jpg

もちろん生ビールを頼んで、湯上りの一杯。クゥ~~~~~♪



IMG_0048.jpg

そして、グダァ~~~~~w



IMG_0038.jpg

晩御飯を食べに温泉街へ繰り出す前にも一風呂ってことで、今度は真ん中の「楽」へ。



IMG_0050.jpg

こちらは最初に入った「極」と対になってる感じで、さほど違いはありません。採光が一面と洗い場が狭いぶん少し狭く感じるくらいですが、一人の貸切りなんで十分広々です。浴槽の深さが、こっちのほうが深かったかな。



IMG_0058.jpg

この極楽館は素泊まりの宿なので、晩御飯は草津に来るたびに立ち寄る「三国屋」というお蕎麦屋さんで日本酒でも飲みながら蕎麦でもと考えていたんだけど、なんとその日は臨時休業w 予定変更で行ったのがココ、居酒屋源氏。以前に一度来たことがあって、その時はレバ刺しが人気の居酒屋だったんだけど、さすがに今はレバ刺しは出してなくて馬刺しで日本酒をひっかけました。



IMG_0059.jpg

帰り道、千鳥足ではないけれど、ほろ酔い気分で夜の草津を散歩♪



IMG_0060.jpg

夜の湯畑は幻想的。若いカップル多しw 



IMG_0062.jpg

さてと、宿に戻ってもう一風呂入りましょか♪



IMG_0039.jpg

今度は「一坪の湯」に入りましょ。



IMG_0052.jpg

これはほんとにその名の通り、こじんまりした浴室です。一人でいっぱい。足も伸ばせません。



IMG_0063.jpg

でも3つある浴槽の中で、ココが一番温泉の鮮度がいいです。湯花も他の2つに比べて大量に舞いますし、何よりお湯に浸かると洗い場に向けてザバァ~っと大量にオーバーフローします。その様が気持ちイイ。洗い場が完全に浸水してました(笑) お湯が減ってもかけ流しの源泉がすぐに溜まるので、何度もザバァ~っとやってましたw



IMG_0072.jpg

部屋の前には共用スペースがあって、電子レンジや電気ケトルにお箸やお皿やグラスなどを自由に使えるので便利です。冷蔵庫は各部屋にあるので、コンビニでお惣菜を買ってきて晩酌もできますよ。



IMG_0081.jpg

3つの貸切り風呂を堪能し、フカフカの布団で就寝。グッスリ眠れました。翌朝もチェックアウトまで何度も温泉を堪能しました。四十肩を治す意味でも何日か滞在して湯治したかったんだけど、スケジュール的に1泊しかできなかったので滞在中はほとんど温泉に浸かってましたw 少しでも四十肩に効くようにと(笑)

そこまで入ると草津の湯って酸性だから肌荒れしちゃうんだけど、この大日の湯は同じ酸性でも肌荒れしませんでした。もちろん個人的な感想なので、万人の肌に優しいかは分かりませんけど。



IMG_0083.jpg

チェックアウト後は、小雨の降る中を草津に来る度に訪れる西の河原露天風呂へ行きました。



top.jpg

↑写真は公式HPより拝借
西の河原露天風呂はその広さと景色からくる解放感が最高ですね。この時はまだ時期が早かったけど、紅葉の季節は綺麗ですよ。いつ行っても空いてるしw 源泉は万代鉱源泉でかけ流し。湯温が高いので加水してます。




IMG_0084.jpg

お昼は昨夜休みだった三國屋へ。いつもは鴨せいろを頼むんだけど、今回は名物の「三國そば」を注文してみました。2.5人前の蕎麦のみが950円と、つけ汁は別料金で都汁と田舎汁の2種類それぞれ400円のどちらかを選びます。どちらも温かいおつゆで、都汁は醤油ベースで刻んだ鴨肉とネギが入った南蛮風、田舎汁は味噌仕立てのけんちん風です。ここは鴨の入った都汁でいただきました。さすがに2.5人前は食べごたえがありますよ。お腹いっぱいになって完食できませんでした…。でも美味しかった♪












IMG_0053.jpg

ちなみに四十肩の痛みは、草津から帰って来てから数日たってからだいぶ楽になりました。温泉の効能かどうかは分からないけどw

■源泉
酸性・含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉(硫化水素型) 41.9℃
自家源泉の「大日乃湯」と西の河原源泉のブレンド
源泉掛け流し、24時間利用可の浴室が3つ、それぞれ空いていればいつでも貸切利用。
10時~18時は日帰り客も受け入れているため予約制。

■備考
素泊まりオンリーの「ステイ&スパ」を推奨する宿なので、宿泊プランも食事なしです。でも温泉街の通りに面していますし、食事処もたくさんあるので便利です。湯治宿にありがちな古びた印象はまったくなく、綺麗なお宿です。
大日の湯 極楽館(じゃらん)
大日の湯 極楽館(楽天トラベル)




スポンサーサイト
カテゴリ :群馬の温泉 トラックバック:(-) コメント:(2)
tag :
コメント:
静寂の中の温泉街に湯船、とても良い感じの画像♪
ありがとうございました☆
[2013/02/16 02:13] | たかCくん #- | [edit]
たかCくんさん

たくさんのコメントありがとうございます。
このブログで紹介した温泉宿はどれもほんと心身ともに寛げる素敵な宿ですよ。
オススメです。
[2013/02/20 20:43] | kanso-hadao #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。