スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

青森 新屋温泉 (公共浴場)

2012-08-22
■訪問
2012年8月初旬 日帰り利用 ¥350

■アクセス
弘前駅から弘南鉄道平賀駅下車、循環バス新屋・尾崎線で新屋神社で降りてすぐ。200円
タクシーだと1200円くらい。



2012年夏の青森旅行記④

嶽温泉から弘前に戻り、今度は弘南鉄道に乗って新屋温泉を目指しました。この新屋温泉も事前に調べておいた温泉で、なんでも日本一の温泉銭湯と謳われているようです。そのお湯はまるでバスクリンを溶いたようなエメラルドグリーンに輝き、アブラ臭と共にそれが源泉かけ流しだと言われれば青森まで来て行かない訳にはいきません。

平賀駅を降りるとタイミングよく新屋方面へ行く循環バス(マイクロバス)が停まっていたので乗車。広大でのどかな田園風景の中をバスはのんびり進みます。

新屋温泉は旅館ではなく銭湯で、訪れたのは午後2時過ぎくらいだったかな? 車が2.3台停まっていました。受付で入浴料を払って脱衣所に入るとすぐに、透明なガラス戸の向こうにエメラルドグリーンの湯が張られた浴槽が見えてテンションが上がります。温泉に何も手を加えていないのにこんなに鮮やかなエメラルドグリーンに発色するなんて不思議です。

そしていよいよ入湯です。すでにおじいちゃんが数名と子供が入浴中で、きっと近所の人なのかな? おじいちゃんがお孫さんを連れて一風呂浴びにきたって感じで和やかでした。浴槽の真ん中から突き出たポールからは源泉が勢いよく掛け流されていて、そのお湯はヌルヌルと肌に纏わりつきます。そのヌルヌル感が凄い。湯温もそんなに熱過ぎず、出たり入ったりを繰り返すには丁度良いです。匂いは優しいアブラ臭で前日に入ったあすなろ温泉のように強烈に鼻を刺すものではなく、それとは違った焼けたゴムのような匂いでした。

onsen_shokai.png

↑写真はPCクラッシュで消失した為、HPより拝借しました。

とにかく良いお湯で、こんな温泉が近所にあって気軽に入れるなんて羨ましいです。みなさんが思い思いに入浴を楽しんでる感じで、和気あいあいとした銭湯の雰囲気がまたいいですね。静かに入浴を済ませて、地元の人たちの邪魔にならないように浴室を出ました。

帰りは本数の少ないバスの時間に合わなかったのでタクシーを呼んでもらって平賀駅に戻り、また弘南鉄道で弘前に帰りました。その弘南鉄道のつり革には「sibuya109」の古いロゴがそのままに(笑) エアコンではなく扇風機が回るこの車両の古さから、どうやら昔は渋谷に乗り入れていた東急線の車両なようですねw



■備考
含硫黄、ナトリウム、硫酸塩、塩化物泉(硫化水素型)
弱アブラ臭(焼けたゴムのような)



スポンサーサイト
カテゴリ :青森の温泉 トラックバック:(-) コメント:(0)
tag :

青森 嶽温泉 高原の宿 山楽 (日帰り利用)

2012-08-20
■訪問
2012年8月初旬 日帰り利用 ¥400

■アクセス
JR弘前駅から弘南バス枯木平行きで、岳温泉下車目の前。運賃1000円ちょい。



2012年夏の青森旅行記③


2012年夏の青森旅行記を②まで書き終えて、まさかのハードディスクのクラッシュ! 今回の青森旅行で撮った写真はもちろん、2008年あたりから今まで撮りためていた旅の思い出の写真を全て失った…グゥ(泣) だけど

ポジティブ セーイ!

新しく買い換えたパソコンで記憶を頼りに続けたいと思います。写真はないけど…



弘前には二日間滞在していたんだけど、夜はねぷた祭りと居酒屋あどはだりで飲んだくれるとして、昼間にすることがない…。弘前には弘前城や古い洋館や寺院や武家屋敷など見どころはあるんだけど、それらは昨年観たしこれといって興味もそそられなかったので、今年は弘前周辺の温泉めぐりをすることにしました。

前夜に居酒屋あどはだりの娘さんも嶽温泉に行くといいと勧めてくれたこともあり、翌朝に弘前駅前からバスに乗って岩木山の麓へと向かいました。娘さんの話だと弘前の市街地から車で30分で着いてしまうそうなんだけど、バスは色々と立ち寄りながらゆっくりのんびりと進みます。

まず、嶽温泉を通り過ぎてちょっと先にある羽黒温泉「民宿じょっぱり」に行きました。事前情報ではこの民宿は8月いっぱいで休業されるそうなのでその前に立ち寄っておこうと思ったんだけど、玄関でいくら呼ぼうが叫ぼうが誰も出てきてくれません…。どうやら留守のようなので残念だけど諦めて立ち去りました。

gaikan.jpg
roten.jpg

↑写真はHPより拝借しました。白神山地を望むこの露天風呂に入りたかったなあ。



民宿じょっぱりから歩いて嶽温泉に戻り、高原の宿「山楽」に日帰り入浴をお願いしました。この山楽は混浴の露天風呂が名物なんだそうで、初めてのお客さんに対しては気さくなご主人が親切に説明してくれます。というか受付に注意書きが張り出されていて、かなりワイルドであることを促しています(笑)

img1-l.jpgimg1-r.jpg

↑写真はHPより拝借しました。

ご主人の説明を受けて、いざ露天風呂へ。いったん宿の裏口を出て道を進むと左右に分かれた男女別の暖簾があって、それぞれの脱衣所は掘立小屋の風情でかなりキテます(笑) 長細い浴槽は衝立でなんとなく三分割されていて、その左右から男女が入って真ん中で繋がる形になってました。この時の入浴客は自分一人だけだったので貸切状態でした。

肝心のお湯は白濁した濁り湯で、この日は温めで長湯を楽しむには丁度良かったです。真ん中の浴槽には源泉が掛け流される湯口があって、鼻を近づけると硫黄独特の卵臭がしました。なめてみると「すっぱマズッ」w そして浴槽の縁に腰を掛けようとするとアリさんの行列が…。最初にご主人から説明を頂いた通りにワイルドです(笑) お湯を掛けてアリを追い払いながらお湯に浸かったり浴槽の縁に腰を掛けて涼んだりを繰り返しながらのんびりと入浴させていただきました。

photo151.jpg

↑写真はHPより拝借しました。もちろん訪問したのは真夏なので、雪などなく草木に覆われていました。

入浴を終えて併設する食堂で「ざるラーメン」というざる蕎麦の麺がラーメンになったもの(蕎麦つゆで頂きます)を食べながらご主人と少しお話しさせて頂きました。ネットの口コミを見てくるお客さんが多いので宣伝費がタダなこと。露天風呂のメンテナンスが大変なこと。その露天風呂は浴槽の床からお湯が漏れていて、ひび割れた個所にタオルを詰めて難をしのいでいること。その為に浴槽いっぱいにはお湯が溜まらずに、湯船からザバーっとお湯が溢れることがないこと。などなど、話を聞くと維持をするのも大変なようです。

やむを得ず休業してしまう温泉宿が多い中、こういう温泉も人も温かい素敵な温泉宿はいつまでも残してもらいたいものです。ご主人、大変でしょうけど頑張って下さい!



宿を出て隣で売っていたトウモロコシを食べました。この辺りではトウモロコシのことを「きみ」と呼んで産地なんだそうです。とっても甘くて美味しかった。



■備考
酸性-カルシウム-塩化物・硫酸塩泉
卵のような硫黄臭


※追記
2013年10月27日 閉館
経営者が代わり翌春には再開予定とのこと




カテゴリ :青森の温泉 トラックバック:(-) コメント:(1)
tag :

弘前ねぷた祭りと居酒屋あどはだり

2012-08-16
2012年夏の青森旅行記②



IMG_9292.jpg

板柳のあすなろ温泉でアブラ臭の湯を堪能した後は、再び五能線に乗り弘前駅に向かいました。駅前のビジホにチェックインすると気もそぞろにねぷた祭りの行われる弘前の街に繰り出します。いてもたってもいられない感じだね(笑)




01.jpg

なんで祭りってこんなに心が弾むのだろう。日本人の遺伝子なのか?お囃子や太鼓の音が聞こえると身体が自然と疼いてしまいますね。でもまだ山車の運行には時間が早かったので、まずは一杯って感じに昨年も訪れた「居酒屋あどはだり」に向かいました。





02.jpg

弘前には津軽三味線を生演奏で聴かせてくれる居酒屋が何軒かあって、「居酒屋あどはだり」もその中の一軒でした。昨年初めて訪れた時にこの店で聴かせてくれた津軽三味線の生演奏と、家族経営らしいお店の人のアットホームな雰囲気が気に入って長居してしまったのを思い出します。今年も昨年と同じようにここで飲みながら津軽三味線を聴いて、店の軒先でねぷたの山車の運行を観ようという魂胆です。ちなみに写真は翌日に別の場所で撮ったもので、文章と一致してません。





03.jpg

お店に入いると昨年と同じ店内の装いとお店の人たちがいてホッとした。ねぷたセットという郷土料理の小鉢がいくつかセットになった摘みを肴に飲んでいると、お店の娘さんが「以前にも来ませんでしたか?」と声をかけてくれて、昨年も祭りの時期に来たことを告げると覚えていたようで話が弾んだ。こういう再会って嬉しいね。旅の醍醐味かな?





04.jpg

青森のねぶたよりも弘前のねぷたのほうがアットホームで好きだと言うと、お店の娘さんと意気投合した。青森のねぶたは大きな企業が大々的に運営しているようで、確かに派手だしスケールもでかくて観光客もたくさん訪れて賑わうのだけれど、どこか大きなショーを観てるような気がしていたんだよね。





05.jpg

それに比べて弘前のねぷたは各町内がそれぞれに山車を出して運行していて、小さなちびっ子から大人やお年寄りまでが一緒に楽しんでいる姿には本当に心和まされるしアットホームな感じが伝わってくる。本来の祭りの姿ってこういうものなんじゃないかな?まさに地元の人たちによる地元の人たちの祭りって感じ。お店の娘さんもねぷた祭りへの想いを語ってくれて、本当に好きなんだなあという気持ちが伝わって楽しい気分になった。





06.jpg

とくに山車の運行の際に先頭をきって打ち鳴らされるじょっぱり太鼓と言われる大きな太鼓にはお店の娘さんも想いがひとしおのようで、娘さんはじょっぱりの言われを話してくれた。じょっぱり太鼓が本当に好きなんだね。きっとこの娘さんも良い意味で「じょっぱり」なんだろうな。あくまでも敬意を表してそう呼ばせて頂きます。しばらく話しながら飲んでいると、津軽三味線の生演奏が始まった。





07.jpg

津軽三味線を演奏してくれたのは横浜から来た男女二人組のペアで、昨年と同じ人たちだった。その二人にお店の娘さんも加わった三人で曲を披露してくれる。曲の合間には男性が津軽三味線の由来や歴史をかいつまんで話してくれて、お客さんも含めて和気あいあいとした雰囲気のライブがまたいいんだよね。ライブの後にこの男女ペアとも話させて頂いたのだけど、二人は弘前の人間ではなくて観光で訪れた弘前と津軽三味線に惚れて仕事をやめてまで津軽三味線の道に進まれたそうだ。そういうのっていいな。なんかわかる気がする。





08.jpg

自分も昨年初めてこのお店に来て、弘前の人の温かさに触れて津軽三味線を生で聴いてその演奏に魅せられて完全にノックアウトさせられてしまった一人だから分かるんだけど、このまま弘前に移住して津軽三味線を習いながらゆっくりのんびり暮らすのもいいかなあ~なんて思ったほどさ。それに津軽三味線って、その音色、奏法、曲の構成、強弱のつけ方、すべてにおいてめちゃくちゃロックやん! いや、ロックなんかよりも津軽三味線のほうが前々歴史は古いので、ロックと比較するのは失礼かな? でもジミヘンなどのブルースロックに通じるものを感じたんだよね。自分はロックギターを趣味で弾いていたからそう思ったんだけど、とにかく理屈抜きに津軽三味線に興味を持ちました。





09.jpg

ねぷた祭りの山車が運行するルートは決まっていて、その運行が終わっても山車がそれぞれの町内に戻るまでお囃子は続けられるそうだ。その時はお囃子も「帰りのお囃子」に変わるらしい。祭りから去るのを名残惜しんでなのか? これから町内に帰るぞという合図なのか? 太鼓とお囃子の音が遠ざかってゆく。





IMG_9310.jpg

ねぷたの山車が通り過ぎた後も、このお店で娘さんやマスターと話しながら楽しい酒を飲んだ。マスターは冬の雪下ろしの際に屋根から落ちて腰を痛めたそうで杖をついていたので心配したんだけど、女好きなマスターは健在でホッとしました(笑) そしてこのお店の後継者がいないことを愚痴っていた。俺でよければいつでも弘前まで来て継ぎますよ(笑) そう思わせるくらい素敵なお店で、弘前滞在中の夜はこの「居酒屋あどはだり」で飲んだくれていました。マスターの腰が早く回復することを祈っています。そして、娘さんと女将さんとスタッフの女の子たちと津軽三味線奏者のお二人とでいつまでもこのままでお店を続けてください。

最後に、お店の娘さんが冬の弘前も良いのでぜひ冬にも来て下さいと言うので、冬の再訪を約束してお店を後にしました。ほんと楽しい夜でした。ありがとう。

2012年夏の青森旅行はまだまだ続く。



■備考
弘前を訪れる際は東横イン弘前駅前と決めています。弘前駅のすぐ傍でとっても便利です。弘前を起点に津軽を観光するにも最適ですよ。
東横イン弘前駅前(じゃらん)
東横イン弘前駅前(楽天トラベル)




カテゴリ :旅行記 トラックバック:(-) コメント:(13)
tag :

青森 あすなろ温泉 (日帰り利用)

2012-08-06
■訪問
2012年8月初旬 日帰り利用 ¥300

■アクセス
JR五能線 板柳駅下車 タクシーで1000円ちょい。
JR弘前駅より五所川原行き弘南バスで掛落林下車すれば徒歩ですぐみたいです。



2012年夏の青森旅行記①

毎年夏になると青森の夏祭りを観に行くようになって、これまで有名な青森のねぶた祭りや八戸の三社大祭に弘前のねぷた祭りを観てきた。中でも弘前のねぷた祭りと津軽三味線の迫力にすっかり魅せられてしまい再訪を願って、今年は弘前のねぷた祭りと周辺の温泉巡りを目的に計画を立てた。



IMG_9260.jpg

帰省客で賑わう東北新幹線はやぶさ号に乗って新青森へ。そこから在来線に乗り換えて降り立ったのがJR五能線の板柳駅。ローカル線のローカルな駅で、改札を出て閑散とした駅前にたたずむと遠くへ来たなあと実感しました。ここから先ずはタクシーに乗って第一目的地へと向かいます。





IMG_9279.jpg

今回の旅の計画を立てている時に弘前周辺の温泉情報を検索しまくって、その結果選んだのがここ「あすなろ温泉」。アブラ臭が凄い温泉として有名なんだそうで、以前に東鳴子の高友旅館ですっかりアブラ臭の温泉にハマってしまった自分としてはぜひ訪れたいと思ってやって来ました。





IMG_9272.jpg

浴室の扉を開けたとたんに襲いかかるアブラ臭。浴室は広々とした銭湯って感じで、実際に近所の人が利用しているようです。この時も地元らしきお爺ちゃんが入浴していて話しかけられたんだけど、津軽弁がフランス語に聞こえて何話しているのかさっぱり分かりませんでした(笑)。でもそんな交流も楽しかった。





IMG_9273.jpg

カランからは源泉がそのまま出てるようで、これがまた鼻を突く凄く濃い〜アブラ臭で嬉しくなっちゃいます。でもとてつもなく熱いので薄めないと身体にかけることもできません。できれば濃いまま全身に浴びたいのだけど仕方がないので、桶に源泉だけ汲んでそこに顔を近づけて匂いだけ嗅ぐという変態行為をしました(笑)。ビニール袋じゃなくて良かった(汗)。でもかなり怪しかったことでしょうね。 





IMG_9270.jpg

源泉が高温な為に浴槽の湯はかなり加水されているようで、カランからの源泉のアブラ臭に比べるとマイルドな匂いになってます。それでも香るアブラ臭に包まれながら入る褐色の湯はヌルっとした浴感で、湯温は加水されていても熱いので長くは入ってられません。出たり入ったり掛け湯をしたりして楽しみました。





IMG_9263.jpg

そして露天風呂もありました。湯温は大浴場よりも温くてアブラ臭も控えめ。でもずっと入ってられました。気温30℃以上の真夏の炎天下だというのに東京と違って空気が爽やかで、出たり入ったりしてるのが気持ち良かったです。やはり東京と青森では違いますね。青森も暑いし気温も東京と大差ないけど、ジメっとしていない。





IMG_9266.jpg

露天風呂からは津軽らしくりんご畑が広がっているのが見えます。りんご畑の奥には岩木山かな?写真には光の加減で写らなかったけど、まるで富士山のように見えてなかなか絶景でしたよ。





IMG_9275.jpg

施設内には小上がりの休憩所もあって、開け放たれた窓から入ってくる風が心地よくてしばらくの間入浴後の火照った身体をクールダウンさせながら、旅館のおばちゃんとご近所らしきおばちゃんと浴衣を着た宿泊らしきおばちゃん(たぶん)が津軽弁で話しているのをのんびりと聞いてたら和みました。ところどころ何言ってるのか分からなかったけど(笑) この三人、どんな関係なんだろう?

この旅館には部屋付きのお風呂があって、宿泊すればその部屋のお風呂に自分で湯を張り、あの大浴場のカランから流れていた凄まじいまでのアブラ臭のお湯を源泉掛け流しで楽しめるそうなので、今度来る時は宿泊してみたいな。この日はねぷた祭りを観る為に弘前のビジホに予約を入れていたので叶わず。

そして一年ぶりにあの店に行く為に弘前に向かいました。




■備考
ナトリウム・塩化物質(食塩泉、弱アルカリ高張性高温泉)
アブラ臭
大浴場 (営業時間 7:00~22:00)宿泊も同じ
家族風呂 (営業時間 9:00~16:00)宿泊は24時間?





カテゴリ :青森の温泉 トラックバック:(-) コメント:(1)
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。