スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

群馬 沢渡温泉 まるほん旅館

2013-01-22
■訪問
2012年12月下旬 一人泊 二食付き @13125円

■アクセス
JR吾妻線 中之条駅下車 沢渡温泉行きバス


IMG_0651 (480x360)
草津を後にして、長野原草津口駅から地元の高校生で賑わうJR吾妻線の各駅停車で東京方面に戻ること30分、中之条駅に降りた。バス停は四万温泉行きと沢渡温泉行きと他の三つある。沢渡温泉行きのバス停に並んだのは自分一人だった。四万温泉行きの大きな路線バスと比べ、こちらはワンボックスだ。



IMG_0654 (480x360)
着いたのはこちら「まるほん旅館」 二度目の訪問になる。あのスタンプの会のスタンプを初めて捺してもらったのもここだったなあ。数件の宿と共同浴場があるだけの素朴で小さな集落だ。

なんでも沢渡温泉は、昔から草津の強酸性の湯に肌を痛めた湯治客が沢渡の湯でその肌を癒したとされ、草津の治し湯・仕上げ湯とも言われているそうな。なので今回の旅は草津とセットで組んでみた。



IMG_0657 (360x480)
まるほん旅館の料金システムは部屋代+食事代となっていて、部屋と食事のグレードを自由に組み合わせることができるようになっている。今回は一番安いトイレなしの部屋と食事はAコースの組み合わせにした。部屋には空の冷蔵庫があったので、フロントロビーにある自販機でビールを買ってさっそく入れました。

布団がすでに敷かれていたのはいいのだが、ただ、この部屋が寒いのなんのって。一応エアコンも付いているので全開で使用していたんだけど、まったく効かずに暖まらない。なので部屋にいるときはずっと布団の中にいました(笑)。



IMG_0665 (480x360)
まるほん旅館の魅力は、なんといってもその一風変わった浴舎の造りにある。温泉の良さだけではなく、その浴舎の風情を味わいたくて訪れる人も多いことだろう。では、さっそく行きますか。



IMG_0684 (360x480)
浴舎は旅館の隣に別錬であって、旅館二階の扉から出て木造の渡り廊下をギシギシと音を立てながら進んだその先にある。



IMG_0683 (480x360)
このアプローチも何だかワクワク感を高めてくれます。



IMG_0680 (360x480)
この浴舎の何が変わっているかって、旅館からアプローチを進むと浴舎の二階に相当する部分に出るんです。なので先ずは上から浴槽を眺めることになります。誰か先客がいて目が合ったりしたらちょっと気恥ずかしいかも(笑) 



IMG_0681 (360x480)
アプローチの左右に二つの浴槽があります。浴槽の底に敷かれた青石とそれを取り囲むように張られた檜が、何ともいえないコントラストを醸し出していますね。



IMG_0676 (360x480)
浴室に下りるとこんな感じ。浴舎の真ん中にこんなアプローチがあるなんて、変わった造りでしょ。浴舎は結構大きくて、天井も高く、使われている木材は床も壁も天井もすべて檜ということで、ほんといい雰囲気ですよ。



IMG_0675 (160x120)
脱衣所はこんな感じで、浴舎の左右に棚と籠があるだけ。浴槽から丸見えです。ちなみにこの大浴場は混浴なので、女性にとっては厳しいかも知れないですね。でも女性専用の時間帯もあるので、女性でも安心してこの浴舎の雰囲気を堪能できますよ。



IMG_0672 (360x480)
この沢渡の湯は、無色透明の硫酸塩泉で肌ざわりが軟らかく、入り心地のなめらかさは元祖美肌の湯とたたえられ「一浴 玉の肌」といわれるようになったそうですよ。



IMG_0668 (360x480)
確かに抵抗なくスルッと入れて、前日に草津の湯に散々入り浸ってキシキシした肌に滑らかに浸透していく感じ。湯温もちょうど良くて、ほんとに気持ちいい。そしてのぼせてきたら檜の床に腰を下ろして一休み。何よりこの浴舎の中にいるのが心地よくて、つい長湯になりました。



IMG_0677 (480x360)
石臼のようなところから源泉が流れ出ていました。コップも置いてあるので飲めます。湯使いは常時掛け流しの循環濾過のようだけど、鮮度が良いように感じました。ほんのりとたまご臭もしますよ。



IMG_0688 (120x160)
↑こちらは青森ヒバの露天風呂。貸切りで利用できますが、屋根の上に取って付けたような簡単な造り。他にも貸切りで入れる家族風呂もりますが、どちらも1人~2人用くらいの小さな浴槽で、あんなに雰囲気のいい大浴場があるのにわざわざ入るか? というレベル。なのでどちらも入りませんでした。



IMG_0697 (480x360)
夕食は食堂でいただきます。ご飯はその場で炊き上げる炊き込みご飯でした。



IMG_0698 (160x120) IMG_0699 (160x120) IMG_0700 (160x120)
IMG_0702 (160x120) IMG_0703 (160x120) IMG_0704 (160x120)
IMG_0705 (160x120) IMG_0706 (160x120) IMG_0707 (160x120)
IMG_0708 (160x120)



IMG_0690 (360x480)
お腹が落ち着いたら、また大浴場で湯浴みです。この浴舎は夜の雰囲気もまたいいんですよ。



IMG_0693 (480x360)
夜通し入浴できるので、この浴舎の雰囲気をほぼ独占できます。夜中なんて誰もこないしね。檜の床に大の字で寝そべったりもできます。あ、でも誰か来たら上から丸見えで恥ずかしい姿を晒すことになるので注意です(笑)



IMG_0711 (360x480)
立ち上る湯気に霞む蛍光灯の明かりと、ぼんやり浮かび上がる浴舎内。



IMG_0709 (360x480)
浴槽の縁に頭を預け、お湯に身体を浮かせながら漂ってみる。至福のひと時。心ゆくまで堪能させていただきました。



IMG_0715 (480x360)
朝ごはんは、いたってシンプル。シンプルすぎかな。



IMG_0717 (360x480)
今回の旅は草津温泉と沢渡温泉を巡ってきたけど、ほんとゆっくりと温泉を楽しみながら身体を休めることができました。2012年も年の瀬ってことで、一年の疲れも癒せたかな。温泉に浸かりながらこの一年を振り返ってみると感慨深いものもあったけど、すでに年も明けたことだし、今年もまたたくさん旅をしながら色んな人と触れ合えたらいいな。



















IMG_0718 (480x360)
塩まくらってなんだろう?

カルシウム・ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉
源泉かけ流し、給湯口源泉・浴槽循環濾過
女性専用時間 夜19時半~21時 朝6時~7時




スポンサーサイト
カテゴリ :群馬の温泉 トラックバック:(-) コメント:(1)
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。